ウェブ

ロリポップのWordPress簡単インストールとサイトのSSL化の手順

ロリポップ!の「WordPress簡単インストール」を使用すれば、複雑な手順を踏むことなく、初心者でも簡単にワードプレスをインストールできます。
またワードプレスをインストールした直後にサイトをSSL化しておくと、後の作業がとっても楽になります。
SSL化していないサイトは2018年7月から「保護されていない通信」という警告文が表示されますのでサイトのSSL化は必須です。

こちらの記事ではロリポップのWordPress簡単インストールの手順とサイトのSSL化に付いて解説しています。

ロリポップのWordPress簡単インストールの手順

ロリポップのトップ「WordPressをインストール」ボタンを押してワードプレスをインストールしましょう。

左サイドバーの
サイト作成ツール>WordPress簡単インストール
からでもインストールできます。

 

 

サイトのURLにwwwをつけるかつけないか決めます。
例のURLだと「http://練習です.xyz」にするか「http://www.練習です.xyz」の2つから選べます。

ヤフーやグーグルなど大手サイトにはwwwが付いているところが多いです。
wwwが無いとサイトのURLが短くなって良いという意見もあります。
検索結果に特に違いは無いので、あなたが好きな方でいいと思います。

ただしwwwが付いているのと、付いていないサイトは全く別物なので注意しましょう。

 


サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。
サイトのタイトルが決まっていない方は後からでも変更できますので、仮のタイトルを入力してください。

プライバシー欄の「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する」にチェックをつけると、ヤフーやグーグルで検索した際にサイトが検索結果に出てくるということです。
ホームページがある程度完成してから検索エンジンに登録した方が良いので、とりあえずチェックは外しておきます。

ここで入力したユーザー名とパスワードはワードプレスの管理画面にログインする際に必要になるので、忘れないようにしましょう。

 

 

 内容を確認し正しければ「承諾する」にチェックを入れて「インストール」をクリックします。

 

 

ワードプレスのインストールが完了しました。
赤四角の「管理者URL」をクリックしてワードプレスにログインしてみましょう。

後からもう一度ロリポップで作業しますのでこの画面は閉じないでください。

 

 

クリックするとワードプレスのログイン画面に移動します。
こちらのページをブラウザーの「お気に入りに追加」しておくと今後ログインする際に便利です。

先ほどロリポップ!の「ワードプレスの設定」で入力したユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力してログインボタンを押してください。

 

 

ワードプレスの管理画面にログインしました。
またこちらのサイトに戻りますので、閉じずにこのままにしておいてください。

サイトをSSL化してみよう


ロリポップ!に戻ります。
左サイドバーの セキュリティ>独自SSL証明書導入をクリックします。
SSLには無料のものと有料の物がありますが、今回は「無料独自SSLを設定する」をクリックしてください。

 

 

チェックボックスにチェックをつけて、独自SSL(無料)を設定するをクリックします。

 

クリックするとSSL化が始まります。
通常数分で作業が完了します。

 

ワードプレスの画面へ戻ります。
左サイドバーにある、設定>一般をクリックします。
一般設定の「WordPressのアドレス(URL)」とサイトドレス(URL)が
http://になっていますので、2つともhttps://と修正します。
半角英数小文字のsを入れてください。
入力できたら、ページ一番下の「変更を保存」をクリックして保存します。

 

一度ログアウトした後ログインして「保護された通信」となって入れば成功です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA