【LESSON1】個人事業主のホームページは何で作ったらいい?

HTML、ホームページ作成ツールなどホームページを作る方法は様々ですが、1番のおすすめはWordpress(ワードプレス)という無料で使えるCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を使用することです。

こちらの記事では、ホームページを作る様々な方法とWordpress(ワードプレス)の特徴についてご紹介しています。

ホームページを作る方法

コウちゃん
コウちゃん
「ホームページを作る」っていっても、そもそも何で作ったら一番いいのかわからないよ。
ねえさん
ねえさん
そうね、「ホームページを作る」と一口にいっても様々な方法があるものね。
ホームページを作る方法を説明するね!

1番一般的!HTMLで作るホームページ

通常ホームページと言えばこの「HTMLサイト」。
HTMLというプログラム言語を書いてホームページを作って行きます。

プロはアドビの制作ソフト「ドリームウィーバー」を使用してホームページを作ります。
(HTMLがわからない人でも操作できる「ホームページビルダー」なんかも有名ですね。)

HTMLサイトを作ろうと思うと、HTMLやCSSと言った専門知識を理解しなくてはいけません。
また高価な制作ソフトの購入が必要ですし、ソフトがバージョンアップした場合再度購入する必要があります。
(メモ帳でもホームページは作れますが、かなりの労力がかかります。)

仮にプロにHTMLサイトを作ってもらったとしても、その後のホームページの更新を素人がするのは難しいでしょう。

ホームページ作成サービス

ウェブの知識が全く無い人が店舗用ホームページを作るのに向いているのがホームページ作成サービス。
グーペ、WIX、ジンドゥーなどが有名です。

全く知識がなくても簡単にプロみたいな美しいホームページが作れ、更新もできるのが特徴です。

商業用の美しいテンプレートが用意されており、テンプレートに沿って文字や写真を入れて行くだけだから素人でもプロみたいなホームページが作れます。
予約フォームクーポン配布などリアル店舗運営に欠かせない機能も備わっています。

ただし、サービスが充実している分通常のホームページより維持費がかかりますし、デザインの自由度は低いです。

一番おすすめ!Wordpress(ワードプレス)

店舗用ホームページを作成するのに一番おすすめなのは、このサイトでも使用しているのがWordpress(ワードプレス)です。
Wordpress(ワードプレス)とは無料で使えるCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。

世界中で公開されているサイトの約3割がワードプレスで作られているという調査もあります。

「カカクコム」「クックパッド」「松屋フーズ」「ブックオフ」「オリエンタルランド」など誰もが知っている有名企業サイトもワードプレスで作られています。

ただし難易度としては、先に紹介したホームページ作成サービスより難しくなります。

WordPress(ワードプレス)のメリット

ソフト不要!無料で利用できる

ワードプレスを利用するのに、特別な制作ソフトを購入しなくても利用できます。

インターネットのブラウザー(インターネットエクスプローラーやグーグルクロームなど)からログインしたら、編集ができます。
特定のソフトをインストールするわけでもデーターをパソコンに保存しておくわけでもないので、ネットのつながるパソコンさえあれば作業が可能です。
(ユーザー名とパスワードさえ分かっていたら、今使用しているパソコンが壊れても、他のパソコンからログインすれば作業することもできます。)

「無料」といってもアメブロのように制限はなく、商用利用も可能です。

※システム自体は無料で使用できますが、「ドメイン」と「レンタルサーバー」は有料で用意する必要があります。

テンプレート(テーマ)を選んで記事を書くだけ

ワードプレス ではデザインのテンプレートのことをテーマとよんでいます。

テーマを選んで記事を書くだけで、パソコン、タブレット、スマートフォンなどあらゆる端末に対応したホームページを作ることができます。

デザインや色の変更もボタン1つでできるので本当に簡単です。

テーマは無料のもの、有料のもの両方あります。
無料テーマでも美しいホームページを作れます。

プログラムの言語を覚えなくてもいろんな機能が使える。

HTMLサイトのように、難しいHTMLやCSSをすべて理解しなくてもOKです。
必要最低限のルールさえ覚えればスムーズにサイトが作れます。

また「営業カレンダーを追加したい」「写真ギャラリーを表示したい」「動画を表示させたい」というような機能を追加したい場合も「プラグイン」という機能を使用すればクリックだけで簡単に追加できます。

1つのホームページに「固定ページ」「ブログ」の2種類を作れる

先に紹介したHTMLサイトだと「固定ページ」しか作れませんが、ワードプレスでは、「投稿」と「固定ページ」の2種類を作れます。

「固定ページ」は会社案内やお問い合わせといったホームページにずっと表示させたい記事を書くときに使用します。
一方「投稿」は新着情報店長日記と言った、日々更新・追加され、時系列の記事を見せたいときに使用します。

googlの担当者も認める検索順位上位効果がある

ホームページを作ったら、検索エンジンで検索されたとき上位に表示されたいですよね。

どんなに素晴らしいホームページを作っても検索エンジンで調べたとき表示されなければ意味がありません。
検索エンジンで上位表示されるように工夫することをSEOと言います。

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味します。
Yahoo!やGoogleなどの検索結果でWebサイトが上位表示されるよう工夫することを”SEO対策”と呼びます。

ワードプレス にはグーグルの担当者も認める、検索した時に上位表示されやすい効果があります。

みんなが使っているから情報が豊富

多くの人が使っている=情報が豊富だから初心者にとってはとっても便利。
検索エンジンで「〇〇 使い方」で検索すると大抵答えが出てきます。
また基礎から学習できる書籍も多く出版されているので、本を見ながらホームページ作成の勉強ができます。

コウちゃん
コウちゃん
ワードプレスってすごい!
僕はホームページをワードプレスで作るね!
ねえさん
ねえさん
ワードプレスの使い方を覚えれば店舗ホームページの他、自分のブログを作成したり色々応用できるよ!

ちょっと豆知識

たまにアメブロ(または無料ブログ)をホームページの代わりとして運営している人が稀にいますが、アメブロ(無料ブログ)はホームページの代わりにはなりません。

アメブロは基本的に商用禁止。
アメブロの規約に反している記事は突然削除されてしまう場合も。

また「無料」=「間借りさせてもらっている」だけなので不要な広告が沢山入りますし、利用規約がいきなり変わる可能性もあります。

ねえさん
ねえさん
「食べログ」や「ぐるなび」もあくまで集客手段の1つ。
自社のホームページの代わりにはなりません。

 

ケン
ケン
ワードプレスがあれば商用ホームページも無料でホームページを作れるんだね!
ねえさん
ねえさん
ケンちゃん、ワードプレスはホームページを作るツール。
その他にレンタルサーバーと独自ドメインが必要なのよ!
簡単に言うと、レンタルサーバーはホームページのデーターを置いておくところ、独自ドメインは自分のホームページの住所みたいなものよ。

LESSON2では、ホームページを持つのに絶対に必要なレンタルサーバードメインについて説明します。

LESSON2はこちら